HOME>>読みもの>>【How to】1. 理想の部屋の雰囲気を決めよう

【How to】1. 理想の部屋の雰囲気を決めよう

1.どういう雰囲気の部屋にしたいかを決めよう

まず「こんな部屋に住みたい」「したい」という理想を持ちましょう。

「なんとなく」は「まとまりのない部屋」になってしまいます。

家具・インテリアには「ヴィンテージ」「ミッドセンチュリー」「モダン」「ナチュラル」「アンティーク」「インダストリアル」等、名称は様々ありますが、

まずは、雑誌やインターネットで「こんな感じ」と選ぶ方が分りやすいでしょう。

その際、極端な雰囲気やコンセプトをごっちゃにしないようにしましょう。

極端な例で言えば「テーブルはアジアン系で、カーテンは北欧系」等は、統一感が全く無くなるので、やめましょう。

不可能ではないと思いますが、高度なセンスが必要になります。

どちらも取り入れたい場合は、「リビングルームは北欧系」「ベッドルームはアジアン系」など、部屋毎にしましょう。

ベースとなる参考部屋はひとつに絞りましょう。

まとまりが無くなるので「あれもこれも」はやめましょう。

この際、部屋の大きさが気になり、諦めてしまうことがありますが、部屋の大きさはそれほど気にする必要はありません。

大切なのは「部屋の大きさ」と「部屋のテイスト」は別軸で考えることです。

ひとつに絞ったら、その部屋がどのように構成されているか観察しましょう。

今サイトでもオリジナルの写真が沢山載っていますので、参考にしてみてください。


素敵な一人暮らしの部屋が沢山見れる。みんなのおしゃれ部屋一覧はコチラから

参考インテリア雑誌

1. 理想の部屋の雰囲気を決めよう
2. 理想の部屋の構成を理解しよう
3. レイアウトを書いてみよう
4. 基本色を決めよう
5. ブランド・メーカーを知ろう
6. 何年使用するか考えてみよう
7. 予算を決めよう
8. 断捨離をしよう
9. メインとなる家具を購入しよう
10. 部屋を飾ろう

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

無料会員登録で「みんなのおしゃれ部屋」「暮らしのアイデア」が見放題。無料会員登録はこちら。
ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。詳しくはこちら。
ページトップへ