HOME>>読みもの>>【How to】2. 理想の部屋の構成を理解しよう

【How to】2. 理想の部屋の構成を理解しよう

2.理想の部屋の構成を理解しよう

理想の部屋の構成を理解しよう。

「こういう部屋にしたい」と思う参考ルームは見つかりましたか?

見つかったら、次はその部屋がどのように構成されているか理解しましょう。

要素を理解すれば、道筋が見えてきます。

ここから大切です。

参考例を見ながら「いいな」と思った部屋の構成を分解していきましょう。

部屋を分解してみよう

まず、参考にしたい部屋がどのように構成されているか、スペース毎に主に使われている家具やインテリア、そして、各々に使われている色を書き出してみましょう。

部屋を分解してみよう

【ダイニングスペース】
ダイニングテーブル(黒)、ダイニングチェア(黒)、ダイニングライト(黒)

【リラックススペース】
ソファ(黒)、センターテーブル(黒)、ラグ(ベージュ)、リビングライト(白)

【シェルフスペース】
ペンダントライト(黒)、シェルフ(白)

【TVスペース】
1Pソファ(緑)、TVボード(白)

となっています。

こうすると、その部屋を構成している要素が分解でき、分りやすくなります。

この部屋の構成をまとめると

<主に使用している家具・インテリア>

「ダイニングテーブル」「ダイニングチェア」「ソファ」「センターテーブル」「ラグ」「シェルフ」「TVボード」「照明」

<主に使用している色>

「黒」「白」「緑」挿し色で「赤」

あとは広さの問題です。

例えば、あなたが1R8畳の部屋に住む人の場合、これを全て入れるのは困難です。

そこで「絶対欲しい物」または「絶対必要な物」を1つだけ上げてみてください。

ベッドかもしれませんし、ベッドよりもソファがどうしても欲しいかもしれません。

ひとつあげたら、それを元に優先順位をつけて付け足して行きましょう。

最上位3つまでが基本アイテムとなります。

優先順位を付けておけば、

部屋のスペースと相談しながら、その優先順位毎にアイテムを揃えていけます。

ここまでのまとめ

  • とりあえずで「お店」に行くことはやめましょう。

  • 雑誌やサイトで理想の部屋をひとつ見つけましょう。

  • 理想の部屋の構成を理解しましょう。

  • 基本アイテムに優先順位を付けておきましょう。

  • 1. 理想の部屋の雰囲気を決めよう
    2. 理想の部屋の構成を理解しよう
    3. レイアウトを書いてみよう
    4. 基本色を決めよう
    5. ブランド・メーカーを知ろう
    6. 何年使用するか考えてみよう
    7. 予算を決めよう
    8. 断捨離をしよう
    9. メインとなる家具を購入しよう
    10. 部屋を飾ろう

    コメントを残す

    コメントを投稿するにはログインしてください。

    無料会員登録で「みんなのおしゃれ部屋」「暮らしのアイデア」が見放題。無料会員登録はこちら。
    ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。詳しくはこちら。
    ページトップへ