HOME>>読みもの>>【How to】3. レイアウトを書いてみよう

【How to】3. レイアウトを書いてみよう

b11

レイアウト図を書いてみましょう。

構成させる家具やインテリアが決まったら、レイアウト図を書いてみましょう。

手書きでもいいですし、エクセルやワードを使ってもいいと思います。

例えば「2.理想の部屋の構成を理解しよう」の参考部屋の場合は以下になります。

article_image05

まずは、細かいサイズなどは気にせずに部屋の広さと形、そしてバランスを見ながら、大体の大きさで描いてみましょう。

レイアウトが決まったら、どの程度のサイズなら配置できるか実測してみましょう。

本当に必要なものが中心の図面になりますので、これがベースになります。

余白はスペースになり、挿し色を入れられる「遊び」の部分になります。

後々、重要なものになりますので、「きつきつ」にしないようにしましょう。

1. 理想の部屋の雰囲気を決めよう
2. 理想の部屋の構成を理解しよう
3. レイアウトを書いてみよう
4. 基本色を決めよう
5. ブランド・メーカーを知ろう
6. 何年使用するか考えてみよう
7. 予算を決めよう
8. 断捨離をしよう
9. メインとなる家具を購入しよう
10. 部屋を飾ろう

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

無料会員登録で「みんなのおしゃれ部屋」「暮らしのアイデア」が見放題。無料会員登録はこちら。
ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。詳しくはこちら。
ページトップへ