HOME>>読みもの>>【How to】4. 基本色を決めよう

【How to】4. 基本色を決めよう

article_image06

配色は非常に重要な要素です。

雰囲気、構成が決まったら、そのイメージを元に、基本色を決めていきましょう。

配色は非常に重要な要素です。

ここで、部屋の雰囲気が決まると言っても過言ではありません。

参考部屋そのままでもいいですし、自分なりに変更を掛けてもいいと思います。

基本色は3色までが基本です。

「メイン1色」「サブ1色」「サブサブ1色」という感じです。

まず「メイン色」を決めましょう。

「メイン色」を中心に配色していくので、まず、「メインの色」を決めましょう。

「メイン色」とは最も多く使用したい色です。占有面積が多い色です。

好きな色でもいいですし、欲しい家具やインテリアからでもいいです。

例外的に壁に色が付いている場合は、それがメイン色になります。

「サブ色」を決めましょう。

基本、「メイン色」⇒「サブ色」⇒「サブサブ色」という具合に、下に行くにつれて使う面積が少なくなります。

サブ色はメイン色との相性が関わってくるので、少し難しいかもしれません。

センスがある人ならば、なんとなく感覚で合うか合わないか分かると思いますが、苦手な人は、色鉛筆やカラーペンなどで紙を塗って試してみたり、下記のツールなどを利用して配色を検討してみてください。

色見本:http://www.colordic.org/blend.php

参考ルーム配色例

参考として下記に例を挙げてみます。

例1)下記の部屋の場合のメイン色は「黒」サブ色は「白」サブサブ色は「緑」です。
挿し色で「赤」が入っています。

article_image07

例2)下記の部屋の場合のメイン色は「グレー」又は「茶色」です。「グレーのソファ」か「茶色のダイニングセット」の優先順位で決めます。サブ色は「グレーか茶色」です。サブサブ色は「黒」です。

article_image08

例3)下記の場合のメイン色は「黄色」サブ色は「茶色」サブサブ色は「青」です。

article_image09

構成図に色を塗ってみましょう。

配色が決まったら、作成した構成図に色を塗ってみましょう。

article_image10

メイン色、サブ色、サブサブ色は決まりましたか?

とりあえず、メイン色、サブ色だけでも構いません。

サブサブ色以降は、部屋に彩りを加えていくものになるので、状況に応じて決めていくのもいいかもしれません。

配色はとても重要です。

楽しみながら決めていきましょう。

1. 理想の部屋の雰囲気を決めよう
2. 理想の部屋の構成を理解しよう
3. レイアウトを書いてみよう
4. 基本色を決めよう
5. ブランド・メーカーを知ろう
6. 何年使用するか考えてみよう
7. 予算を決めよう
8. 断捨離をしよう
9. メインとなる家具を購入しよう
10. 部屋を飾ろう

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

無料会員登録で「みんなのおしゃれ部屋」「暮らしのアイデア」が見放題。無料会員登録はこちら。
ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。詳しくはこちら。
ページトップへ