HOME>>読みもの>>【コラム】直接照明は日本だけ?あなたは機能重視派?雰囲気重視派?

【コラム】直接照明は日本だけ?あなたは機能重視派?雰囲気重視派?

cc01_middle

夜も昼も変わりなく部屋を照らしてくれる照明。
日本と海外を比較した時、照明の使い方・考え方が顕著に違うことが分ります。

日本の照明の考え方

日本は照明を暗闇を明るくする「電気器具」として位置づけ、夜になると昼間と変わらない明るさを昼白色灯を使って照らします。

照明器具は部屋全体を明るくする大きな「シーリングライト」が主流で、それのみで部屋の明るさを確保します。昼間と同じ明るさで生活できるので、とても便利で安心感があります。

海外の照明の考え方

一方、海外、特にヨーロッパでは、照明を「インテリア」として捉えます。

ダイニングスペース、リラックススペース、ベッドスペースとスペース毎に「ダウンライト」や「テーブルライト」などの間接照明を使い、夜しか感じることができない落ち着いた雰囲気を楽しむことができます。

照明の種類

日本では昼白色灯が主流ですが、ヨーロッパでは暖色灯が主流です。

暖色灯は光の陰影が顕著に出て他のインテリアを効果的に照らし出してくれますし、リラックスできると同時に良い意味でテンション(緊張)を下げてくれます。

これは外にある街灯も同じです。

日本は夜になると、道を照らす街灯は昼白色灯が多いですが、海外は暖色灯が多いです。

article

海外の夜の照明はとても幻想的です。
日本の昼白色街灯に慣れていると、海外の暖色街灯は少し不安になるのは私だけでしょうか。

どちら良い、悪いというわけではなく、日本では、照明は明るいものと無意識に白色灯を取り入れがちですが、無意識ではなく、意識してどちらかを選んでいくのはいかがでしょうか?

LED照明も昼白色、暖色問わず販売しているので、節電と共に照明を上手に取り入れてみて、心地良いおしゃれな部屋を作ってみてください。

まとめ

・日本は照明を「電気器具」として、海外は「インテリア」として捉えている。

・日本では大きなシーリングライト、海外は各スペース毎に間接照明を使うことが主流。

・日本で主流の昼白色灯は夜でも昼間と同じ明るさを確保してくれる。

・海外で主流の暖色灯は光の陰影で他のインテリアを効果的に照らしてくれる。

・無意識ではなく、意識してどちらかを選んでみましょう。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

無料会員登録で「みんなのおしゃれ部屋」「暮らしのアイデア」が見放題。無料会員登録はこちら。
ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。詳しくはこちら。
ページトップへ