HOME>>みんなのおしゃれ部屋>>ミラノのおしゃれで可愛い一人暮らし1LDKレイアウト部屋

ミラノのおしゃれで可愛い一人暮らし1LDKレイアウト部屋

<この部屋のコーディネートPOINT>
メイン照明にIKEAのライトをコーディネートし、ガーリーでおしゃれな雰囲気を。スーツケース等の小物で部屋に彩りを。壁にはポスター等をレイアウトしてリズムを。
【基本配色】黒、白、赤、緑
【主な使用家具・インテリア】ライト(白・黒)、ソファ(黒)、シェルフ(白)、観葉植物(緑)、ラグ(ベージュ)、TVボード(白)、ダイニングセット(黒)

DATA

住居一人暮らし
場所イタリア・ミラノ
間取り1LDK
性別女性
年齢29歳
素敵な一人暮らしの部屋が沢山見れる。みんなのおしゃれ部屋一覧はコチラから

イタリアミラノジェノバにある「ライトが雰囲気を醸し出すおしゃれで大人可愛い一人暮らしインテリアガールズルーム」。1LDKの間取りに部屋のレイアウトを構成する主な使用家具・インテリアは「ソファ」「センターテーブル」「ダイニングセット」「シェルフ」「TVボード」で、配色は黒と白でコーディネートされている。このおしゃれな部屋を作る為のポイントは、ヴィンテージなスーツケースを重ねたインテリアやMIHO KingDeerのシカの壁飾り、壁を飾るマリリンモンローのポスターなどの小物類と観葉植物を上手にレイアウトすること。小物類で使っている赤と観葉植物の緑のコーディネートが部屋にアクセントとリズムを与え、リビング中央にあるIKEAのライトがおしゃれな部屋をより一層雰囲気がある一人暮らしの空間にしてくれている。

また「額縁を使ったサングラス収納」「ネックレス収納」や「すのこをペイントしたカラフルなラック」など、ちょっとしたおしゃれで見せる収納アイデアが満載。普段は服飾デザインの仕事をしているという住居人曰く、一人暮らしの部屋作りのポイントは「色使いと観葉植物を上手にコーディネートすること」という。白のIKEAのシェルフは間取りをキッチンとリビングにレイアウト変更させるとともに、蔦を成長させた「ポトス」を利用しておしゃれにコーディネートしている。そうすることで装飾と共に本棚の目隠しに最適で、これがあるのと無いのでは部屋全体の印象が違うとのこと。ボストンバック上のグリーンも造草でボイラーを隠している。家具・インテリアだけでなく、一人暮らしで生活感が出てしまう見せたくない箇所や隠したい箇所に観葉植物を使っておしゃれにレイアウトするテクニックやアイデアは手本としたい。

真っ白のシーツが印象的な寝室はベッドをレイアウトし、ミシン台をデスクにしたソーイングデスクやトルソーのディスプレイインテリア そして、Kartellの赤い照明などのアイテムでコーディネートされている。仕事でも使うというトルソーはちょっとしたものを掛ける収納にもとても便利とのこと。普段、仕事で使っているものもちょっとしたアイデアで部屋をコーディネートしてくれるインテリアにしてくれるかもしれない。寝室は後回しにしがちだが、レイアウトも含めベッドルームも手を抜かずおしゃれな空間にしていきたい。ヴィンテージと新しいものを上手に活用して一人暮らしを演出したアイデアルーム。一人暮らしのみならず、二人暮らしにも参考になるレイアウト術やインテリアコーディネート術が沢山あるので、写真をよく見て取り入れていきたい。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

無料会員登録で「みんなのおしゃれ部屋」「暮らしのアイデア」が見放題。無料会員登録はこちら。
ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。詳しくはこちら。
ページトップへ