HOME>>みんなのおしゃれ部屋>>シャビーシックなインテリアをコーディネートしたパリの一人暮らし1LDKおしゃれ部屋

シャビーシックなインテリアをコーディネートしたパリの一人暮らし1LDKおしゃれ部屋

<この部屋のコーディネートPOINT>
チェアを各所にレイアウトし、家具やインテリアはシャビーシックやUSED感が感じられるものをコーディネート。 額縁やポスターなどで部屋全体にリズムを出し、おしゃれな部屋に。
【基本色】白、赤、茶
【主な使用家具・インテリア】ソファ(グレー)、チェア(黒・赤・茶)、ダイニングテーブル(茶)、キャビネット(グレー)、ローテーブル(黒)

DATA

住居一人暮らし
場所フランス・パリ
間取り1LDK
性別女性
年齢29歳
素敵な一人暮らしの部屋が沢山見れる。みんなのおしゃれ部屋一覧はコチラから

フランスパリ北駅近くの「シャビーシックなインテリア」が印象的なこのおしゃれな一人暮らしアパートメントは、サクレクール寺院で有名なモンマルトルの丘まで徒歩で行けるとのことで、住居人もお気に入りの場所だという。間取りは1LDKで、10畳のダイニングリビングの中で一番のお気に入りの家具・インテリアはシャビーシックな食器棚とのこと。シャビーシックなインテリアはアンティーク調やUSEDインテリアとの相性が良いので、上手にコーディネートしたい。一人暮らしだけでなく、住まいにおしゃれな食器棚やキャビネットがあると空間の雰囲気もUPするので、できるだけ取り入れたい家具アイテム。缶や瓶などの小物類は日々、ネットや雑貨屋さんでチェックしているとのことで、部屋全体に彩りを与えてくれている点も手本にしたい。

おしゃれな部屋にするテクニックとして、リビングの中央にレイアウトされた丸型のローテーブルとラグの置き方に注目したい。通常ラグはソファやテーブルに対して無意識に平行に敷きがちだが、ここでは敢えてラグをソファに対して斜めに敷き、ローテーブルもラグの中心ではなく、ラグから少しズラしてレイアウトしている。そうすることで、部屋に変化が出て、立体感が生まれている。ここでのポイントはローテーブルはソファに対して並行で、ラグはチェアに対して並行にレイアウトしている点。そうすることで、全体のバランスを取っているという。ラグとローテーブルはおしゃれな部屋を作り出すマストな「一人暮らしインテリア」アイテム。ユーズド感が感じられる種類のラグは趣を出してくれるので、一人暮らしのみならず、おしゃれな部屋を演出したい人は是非取り入れたい。

新しいものより古いものが好きという住居人は、蚤の市やフリーマーケットにもよく出かけるとのこと。そこで気に入ったインテリアや家具を自分なりにアレンジしておしゃれにコーディネートするのが「一人暮らし」のひとつの楽しさという。木製の脚立は自分でペンキを掛けて味を出して、気に入ったオブジェをレイアウトすることで「見せるおしゃれな収納」に。ピンク色の壁が印象的な寝室は入居時からのものとのことで、ここでもシャビーシックな収納棚をコーディネートしている。リビングダイニングの広さから一人暮らしのみならず、間取りが1LDKなどの二人暮らしの際にも参考にしたい手本となるお部屋。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

無料会員登録で「みんなのおしゃれ部屋」「暮らしのアイデア」が見放題。無料会員登録はこちら。
ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。詳しくはこちら。
ページトップへ