HOME>>みんなのおしゃれ部屋>>自然体でおしゃれなミラノの一人暮らし1Kガールズインテリアルーム

自然体でおしゃれなミラノの一人暮らし1Kガールズインテリアルーム

<この部屋のコーディネートPOINT>
机やベッド、シェルフなどのメインアイテムは白をレイアウト。チェストやチェアなどのサブアイテムで茶系をコーディネートし、小物で彩りを。チェア(4脚)を利用してカラーコーディネートとリズムを与えるのがポイント。
【基本色】白、茶
【主な使用家具・インテリア】ベッド(白)、デスク(白)、チェア(茶)、1Pソファ(茶色)、シェルフ(白)、チェスト(茶)

DATA

住居一人暮らし
場所イタリア・ミラノ
間取り1K
性別女性
年齢29歳
素敵な一人暮らしの部屋が沢山見れる。みんなのおしゃれ部屋一覧はコチラから

イタリアミラノにあるちょっと広めのオシャレで実用的な一人暮らし1Kガールズルーム。IKEAの白のシェルフをレイアウトし、パーテンション兼収納棚にして、ベッドスペースとワークスペースを作り出している。ベッドなどのメイン家具・インテリアは白でコーディネートし、同系色ではあるが、色合いと形状が異なるチェアやチェストをレイアウトし、部屋にリズムと彩りを与えている点に気付いておきたい。地図や手紙、写真などの雑貨を壁に貼り、上手にインテリアとしても活用している何気ないインテリア術も見習いたい。飾り過ぎず自然体で実用的な一人暮らしをしたい人にオススメのコーディネートルーム。

IKEAの白シェルフには香水やオブジェなどの雑貨を収納し、実用的な目的と同時に色合いを意識することで部屋全体にカラフルな印象を与えてくれている。洋服の収納に困った際は、無造作に掛けられたコートラックも見せる収納として取り入れたいインテリア術。ベッドは骨組みは白だが、頭の装飾部分が茶色であり、きちんとチェストの色とコーディネートしている点も気づいておきたい。白のパイプベッドも相性が良さそうなので、候補の一つとして入れておきたい。白と茶色、シンプル家具とアンティーク調家具を上手にコーディネートした「飾り過ぎず自然体で実用的な一人暮らしガールズルーム」。一人暮らしの際には参考にしたい。

一人暮らしの間取りが広めの1Kやワンルームの場合、シェルフをパーテーション代わりにレイアウトするインテリア術は「ワークスペースと寝室を分けたい」と考えている人にオススメのインテリア術のひとつ。パーテーションレイアウトのメリットとしては、パーテーションがそのまま収納棚になり、スペースをはっきり分けられる点で、デメリットしては、間仕切りがある分、広さを感じにくくなってしまう点だが、パーテーションの高さを目線の高さなどに調整することでデメリットは少し解消されるので、コーディネートする際は、パーテーションの高さを意識してレイアウトしたい。パーテーションレイアウトは、広めの1Kやワンルームに一人暮らしする場合には、検討したいレイアウト術のひとつ。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

無料会員登録で「みんなのおしゃれ部屋」「暮らしのアイデア」が見放題。無料会員登録はこちら。
ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。詳しくはこちら。
ページトップへ