HOME>>みんなのおしゃれ部屋>>NYブルックリンにある3LDKのおしゃれなインテリアコーディネートシェアルーム。

NYブルックリンにある3LDKのおしゃれなインテリアコーディネートシェアルーム。

この部屋のコーディネートPOINT
アンティークな雰囲気を演出する為に部屋の配色は茶色や深緑、赤紫など渋めの色をコーディネート。ラグやソファなどに柄物をレイアウト。ソファには部屋の雰囲気に合わせたブランケットやカバーなどの雑貨を。カーテンの色と素材感にこだわりたい。
【基本色】茶、赤紫、深緑
【主な使用家具・インテリア】ソファ、ローテーブル(茶)、ラグ、カーテン(深緑)

DATA

住居シェアルーム
場所アメリカ・ブルックリン
間取り3LDK
性別男性・女性
年齢27歳・34歳・33歳
素敵な一人暮らしの部屋が沢山見れる。みんなのおしゃれ部屋一覧はコチラから

ブルックリンにある「音楽アーティスト」のシェアルームアパートメント。男女三人で暮らしているというこのおしゃれな部屋のコーディネート術は、アンティークな雰囲気の部屋にしたいと考えている人にオススメのおしゃれ部屋。間取りは広めのリビングルームに、それぞれの部屋の3LDK。本格的なギターやバイオリンなどの楽器類をレイアウトすることは難しいが、その他の部分を取り入れたい。机や鏡などの家具やインテリアは木製のもので統一し、ソファとラグには柄ものをコーディネートすることがポイント。カーテンを黒やグレーなどの妥当色ではなく、部屋全体により深みが出るように緑系統の色をコーディネートしている点も手本としたい。楽器をひとつのインテリアとしてレイアウトするのはおしゃれな部屋にする為のひとつの要素でもあるので、楽器を持っている人はケースに入れずにインテリアとしてレイアウトしておきたい。

寝室はセミダブルベッドとチェストのみのシンプルなレイアウト構成。間取りは6畳程度の広さなので、ここにテレビとソファなどの家具・インテリアを置けば一人暮らしの部屋としても参考にできる。ベッドもしっかりメイキングされており、壁のタペストリーと枕、そして黄色のフットカバーの3色をしっかりカラーコーディネートしている点は見落とさないようにしたい。ベッドは寝心地も大切だが、部屋の雰囲気を上げるためには、ベッドメイキングが重要になるので、ベッドメイキングにもしっかり手を加えたい。ベッドメイキングのポイントはフットカバーをコーディネートすること。フットカバーで色味を加えることで部屋全体の印象が大きく違ってくるので、メイキングの際はフットカバーをコーディネートすることを忘れずにしたい。

部屋全体を眺めてみると、カラーコーディネートが秀逸で部屋全体にクラシックな落ち着きを与えている。主に使われている色は「茶色」「深緑」「赤紫」「紺」のこの4色。また、3つのソファは全て布製のソファでレイアウトされている。ソファは革や合皮などを選びがちだが、布製のソファはシックで落ち着いた雰囲気を出してくれるので、ソファ選びの際は布製も選択肢に入れておきたい。布製のソファにブランケットなどの雑貨で色味を加えるコーディネート術はおしゃれな部屋にする為の近道。ルームシェアのみならず、一人暮らしで落ち着いた雰囲気のおしゃれな部屋に住みたい人にはオススメのコーディネート部屋。カラーコーディネートとアンティークを上手に取り入れておしゃれな部屋作りの参考にしてみてはいかがだろうか。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

無料会員登録で「みんなのおしゃれ部屋」「暮らしのアイデア」が見放題。無料会員登録はこちら。
ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。詳しくはこちら。
ページトップへ