HOME>>みんなのおしゃれ部屋>>NYブルックリンの二人暮らし。メゾネットタイプのおしゃれなレイアウトコーディネート部屋。

NYブルックリンの二人暮らし。メゾネットタイプのおしゃれなレイアウトコーディネート部屋。

<この部屋のコーディネートPOINT>
ソファは布地の白をコーディネートし、清潔感を。テーブルは木製のものを、ラグやベッドカバー等は柄物をコーディネートする事がポイント。ポスターやウォールデコレーション、観葉植物を多くレイアウトする事は忘れずに。
【基本色】白、茶、水色
【主な使用家具・インテリア】ソファ(白)、ローテーブル(茶)、ダイニングテーブル(茶)、チェア(黒)、ラグ

DATA

住居二人暮らし
場所ニューヨーク・ブルックリン
間取り1SLDK
性別男性・女性
年齢35歳
素敵な一人暮らしの部屋が沢山見れる。みんなのおしゃれ部屋一覧はコチラから

ニューヨーク・ブルックリンにあるメゾネットタイプのアーティスティックなおしゃれな部屋。雑然とした中にもまとまりがあるこの部屋のコーディネート術は、アーティスティックな雰囲気のおしゃれな部屋にしたいと考えている人にオススメな参考ルーム。この部屋を作る為のポイントは家具やインテリアのコーディネートもそうだが、壁を彩るカラフルな絵画やポスターとウォールステッカー、そして、部屋にレイアウトされた多くの観葉植物がポイント。特に蔦を使った観葉植物の使い方は難度が高いが、取り入れたいアイデア。また、ラグやベッドカバー、クッションに柄物をコーディネートしている点は見落とさないようにしたい。住居人は二人暮らしだが、一人暮らしの人はスペース毎に参考にしていきたい。

部屋のレイアウト構成はソファを中心にした「リラックススペース」ベッドがある「寝室スペース」部屋中央の「ダイニングスペース」そして「キッチンスペース」と大きく分けて4つのスペースに分けられている。リラックススペースの主な家具・インテリアは白の「2Pのソファ」と「1Pのソファ」、そして「木製のローテブル」「柄物のラグ」でレイアウトされており、ブランケットやクッション、絵画や観葉植物などの雑貨で彩りをコーディネートし、オシャレ度をUPさせている。観葉植物や絵画などのインテリア雑貨が無くても成立はするが、部屋に彩りや立体感を出すために重要な要素となるので、おしゃれな部屋を作る為にはマストなアイテムとして取り入れたい。ダイニングスペースのテーブルに長方形と正方形の布をクロスに掛け立体的に見せる簡単でおしゃれなインテリアテクニックも取り入れたいアイデア。

また、ダイニングチェアは黒のチェアの他にベンチ型の椅子を使っている点も気づいておきたい。観葉植物もエスプレッソ抽出器を使ったものやシャビーシックな容器などを使っているので、そういった細かいけれど、おしゃれなインテリアテクニックも見落とさずチェックしておきたい。メゾネットにある「VIVIDなおしゃれな寝室」のウォールステッカーの使い方や赤と黄色のシーツの色合いコーディネート術なども、他のスペースとは違ったインテリアコーディネート術として参考にしたい。スペース毎に分解して見ていけば、二人暮らしのみならず、一人暮らしにも参考になるアイデアやインテリアコーディネート術・レイアウト術が沢山あるので、スペース毎に参考にしてインテリア・家具を選んでいきたい。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

無料会員登録で「みんなのおしゃれ部屋」「暮らしのアイデア」が見放題。無料会員登録はこちら。
ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。詳しくはこちら。
ページトップへ