HOME>>みんなのおしゃれ部屋>>本好き女子のおしゃれな一人暮らし6畳1Kフレンチインテリアルーム

本好き女子のおしゃれな一人暮らし6畳1Kフレンチインテリアルーム

<この部屋のコーディネートPOINT>
ソファやダイニングセットなどのメイン家具・インテリアは白で揃え、ソファにカバーをすることでふんわり感を。本棚は四つ角にレイアウトし、収納兼インテリアに。ドライフラワーやドライプラントを飾るのを忘れずに。
【基本色】白、茶
【主な使用家具・インテリア】ソファ(白)、ダイニングセット(白)、デスク(茶)、ブックラック(茶)、間接照明

DATA

住居一人暮らし
場所フランス・パリ
間取り1K
性別女性
年齢29歳
素敵な一人暮らしの部屋が沢山見れる。みんなのおしゃれ部屋一覧はコチラから

フランスパリにある白を基調にしたふんわりフレンチスタイルの一人暮らしおしゃれ部屋。間取りは6畳の部屋にキッチンの1K。ワンルームの部屋には「ソファ」と「ダイニングセット」そして3つの「ブックシェルフ」など多くの家具・インテリアをレイアウトしている。このおしゃれ部屋のポイントは、「ソファ」は引出式のソファベッドを、「ダイニングセット」にはチェアが収納できるものを、「ローテーブル」には2段式のローテーブルをコーディネートするなど、限られたスペースを有効活用している点。一人暮らしの際はスペースが限られている為、収納式の家具やインテリアも候補に入れたいアイテム。住居人曰く「出したり、しまったり」と少し手間とのことだが、限られたスペースでおしゃれな部屋を実現する為にはスペースと相談しながら家具・インテリアを選んでいきたい。

本や本棚がこれだけ多いと収納に困り、生活感が出てしまいがちだが、「絵画」や「間接照明」「ドライフラワー」などを飾ることで違和感なくディスプレイに変化させ、おしゃれな部屋のアイテムのひとつとして成立させている。本が好きで本の収納に困っている読書女子には手本としたいレイアウト術のひとつ。その中でも特にポイントなのは「ドライフラワー」と「ドライプラント」のコーディネート。これがあるだけで部屋の印象が大きく違ってくるので、本棚が「ある・なし」問わず一人暮らしのインテリアとして是非取り入れたい「おしゃれアイテム」。見ての通りキッチンもバスルームも広くないが、限られたスペースを工夫してレイアウトしているのを参考にして、一人暮らしの部屋作りをしていきたい。

キッチンも「人」一人が入れる程度の極小キッチンだが、カラフルな食器や調味料で生活感がありながらもおしゃれなキッチンに。バスルームも色を使った雑貨をコーディネートすることで少しでも明るいスペースに。食器やキャンドル、シャンプーボトルなどの雑貨は部屋や空間に色味を付けられる便利なインテリアアイテム。少しずつ揃えて色味を加えていきたい。おしゃれな部屋作りの基本として「無駄なものを置かない」ことが大事だが、カラフルな雑貨は時として「ごちゃごちゃ」した方がおしゃれに見えるので、取り入れる場合は多く揃えたいもの。収納式の家具やインテリアを使えば、6畳などの狭い部屋を賢くレイアウトでき、且つおしゃれにコーディネートできるので、スペースに合わせて取り入れてみてはいかがだろうか。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

無料会員登録で「みんなのおしゃれ部屋」「暮らしのアイデア」が見放題。無料会員登録はこちら。
ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。詳しくはこちら。
ページトップへ