HOME>>みんなのおしゃれ部屋>>おしゃれでワインレッドな二人暮らし1LDKインテリアルーム

おしゃれでワインレッドな二人暮らし1LDKインテリアルーム

<この部屋のコーディネートPOINT>
ソファなどのメインとなる家具・インテリアは茶色をレイアウト。カーテンやラグなどの布ものにワインレッド色をコーディネートし、大人で艶やかな雰囲気に。高価な家具・インテリアは使わず、配色でおしゃれな部屋に。
【基本色】ワインレッド、茶、白
【主な使用家具・インテリア】カーテン、ラグ(ワインレッド)、ソファ(茶)、ローテーブル、チェスト(茶)、ダイニングセット(茶)

DATA

住居二人暮らし
場所スペイン・バルセロナ
間取り1LDK
性別男性・女性
年齢32歳
素敵な一人暮らしの部屋が沢山見れる。みんなのおしゃれ部屋一覧はコチラから

スペインバルセロナにある「ワインレッドなインテリア」を基本色にした飾らないスタイルのおしゃれ部屋。間取りはリビング・キッチン・寝室の1LDK。カーテンやラグなどのインテリアに赤紫色をコーディネートし、大人な雰囲気を。高価なモノは使用せず、等身大のアイテムと配色でコーディネートしているので、予算が限られた人や二人暮らしにオススメのコーディネートルーム。赤紫と茶色は相性が良く、落ち着いた雰囲気を作り出してくれるので、どちらかの色が好きな人は配色を取り入れてみてはいかがだろうか。ソファ、ダイニングセット、ラグの3点を中心にレイアウト。壁にハットをディスプレイしている点や本を使った彩り方法など、二人暮らしのみならず、お金を掛けずに部屋をおしゃれにするアイデアを手本にしたい。

ベッドルームはダイニングリビングルームと一線を画して、家具・インテリアを白でコーディネートした爽やかなシンプルルームに。部屋に合わせてシーツも白と水色のストライプの爽やかなシーツを使用することで、部屋全体に清潔感がある雰囲気に。ベッドメイキングもおしゃれな部屋にする為の大事な要素なので、忘れずに手を加えたい。このベッドルームにテレビをレイアウトすれば1Kの一人暮らし部屋に早変わり。二人暮らしのみならず、部屋毎に配色を変えている点や、リビングルーム及びベッドルーム共に壁に絵画などをディスプレイし、部屋全体にリズムを出している点、本を使った彩りを加えるテクニックなどを手本にしたい。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

無料会員登録で「みんなのおしゃれ部屋」「暮らしのアイデア」が見放題。無料会員登録はこちら。
ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。詳しくはこちら。
ページトップへ