HOME>>みんなのおしゃれ部屋>>黄色と青が映える二人暮らし1Rインテリアのおしゃれ部屋

黄色と青が映える二人暮らし1Rインテリアのおしゃれ部屋

<この部屋のコーディネートPOINT>
【基本色】黄色、青、茶色
【主な使用家具インテリア】ソファ(青)、ダイニングテーブル(茶)、キャビネット(茶)、BOOKシェルフ(茶)、ベッド(黒)
BOOKシェルフをダイニングとリビングのパーテーションに。家具や食器はアンティーク調のものをチョイス。レンガ調のウォールステッカーを壁に貼り、部屋全体に立体感を。

DATA

住居二人暮らし
場所イタリア・ミラノ
間取り1R
性別男性・女性
年齢38歳・33歳
素敵な一人暮らしの部屋が沢山見れる。みんなのおしゃれ部屋一覧はコチラから

イタリアミラノにあるおしゃれな屋根裏カラフルルーム。黄色の壁が印象的なこのアパートメントは、広さが20畳程もある二人暮らしワンルームタイプ。「リビングスペース」「ダイニングスペース」「ベッドスペース」とそれぞれのスペースをシェルフで間仕切りし、独立した空間を作り出している。ミラノで会社員をしているという住居人は、この黄色の壁が気に入って入居を決めたとのこと。上手にスペースを作れば、狭い1LDKの部屋よりも広い1Rタイプの方が解放感があるので、解放感を求めたい人には1Rがオススメ。
※画像をクリックすると大きな画像で見れます

部屋のコーディネートのポイントは、黄色の壁に合わせた「キャビネット」と「青のソファ」とのこと。キャビネットの周りには自分で描いた絵を並べて装飾をし、ソファは「汚れた時に洗濯できる」という利点をかって、カバー式を選んだという。カバー式のソファは洗濯もできるという利点と、気分によって変えることができるので、季節ごとに気分を変えたい人にはオススメの家具・インテリア。ヨーロピアン・アンティークテイストのキャビネットは、「部屋に高級感を与えてくれるから」という理由で購入したとのことだが、ソファやダイニングテーブルなどの現代的な「家具・インテリア」にマッチしている。

スペース毎に間接照明を導入しており、メインの照明は無い。間接照明は夜を感じさせてくれるインテリア。今サイトで紹介している部屋にも「間接照明のみ」のおしゃれな部屋が沢山あり、夜をきちんと感じたい人は、敢えてメイン照明を買わず、間接照明だけにするのも一案。シェルフを使ってワンルームを「リラックススペース」「ダイニングスペース」「ベッドスペース」と上手にパーテーションした「おしゃれなアンティークモダンルーム」。ちょっと広めのワンルームに住む「一人暮らし」や「二人暮らし」に参考になるインテリアコーディネートルーム。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

無料会員登録で「みんなのおしゃれ部屋」「暮らしのアイデア」が見放題。無料会員登録はこちら。
ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。詳しくはこちら。
ページトップへ