HOME>>みんなのおしゃれ部屋>>IKEAでコーディネートした一人暮らしインテリア1Kルーム

IKEAでコーディネートした一人暮らしインテリア1Kルーム

<この部屋のコーディネートPOINT>
ベッドカバー、ソファカバーも白でコーディネートし、カーテンとラグはタペストリー調の柄物を。サイドテーブルやブランケットなどに色物を一部使用することで彩りを。IKEAのシンプルな白家具をレイアウトすることがポイント。
【基本色】白、黄色、赤、水色
【主な使用家具・インテリア】照明(白)、ソファ(白)、ローテーブル(白)、サイドテーブル(白・水色)、チェア(白)ベッド(茶)

DATA

住居一人暮らし
場所ドイツ・ミュンヘン
間取り1K
性別女性
年齢30歳
素敵な一人暮らしの部屋が沢山見れる。みんなのおしゃれ部屋一覧はコチラから

ドイツミュンヘンにある1Kの一人暮らしシンプルインテリアルーム。高価なものは無く、家具やインテリアはIKEAで購入したものがほとんどだという。間取りはリビングルームにキッチンの1K。ベッドカバーやソファカバーも白でまとめることで清潔感を感じられる部屋に。カーテンやカーペットにタペストリー調の柄物をコーディネートすることで白一辺倒の単調な部屋からおしゃれな部屋に。レイアウトされている家具・インテリアは「ベッド」「センターテーブル」「ソファベッド」「シェルフ」と一人暮らしの代表的なアイテムだけなので、一人暮らしをはじめて始める際に参考になる「一人暮らしシンプルルーム」。白を自分の好きな色やソウルカラーにするのもいいかもしれない。IKEAのみならずシンプルな形や色の家具を選びたい。

ダイニングキッチンは白と赤が中心のカラーコーディネート。赤いダイニングテーブルに合わせて窓辺のカーテンも赤に。カーテンはサイズが無かった為、住居人自ら布を購入しDIYしたものだという。リビングカーテンの自作はなかなか難しいが、小さいサイズのカーテンならインテリアや家具の色に合わせてDIYする点は見習いたい。リビングルーム、キッチン共に照明には紙を使った照明をコーディネート。和を感じさせる紙の照明は和室にしか合わないと思いがちだが、洋室にレイアウトしてもおしゃれにコーディネートできるので、取り入れたいインテリア。特に間接照明に重宝できるインテリアアイテムなので、一人暮らしのみならず、照明の候補に入れておきたい。

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。

無料会員登録で「みんなのおしゃれ部屋」「暮らしのアイデア」が見放題。無料会員登録はこちら。
ご意見・ご要望をお聞かせ下さい。詳しくはこちら。
ページトップへ